読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux Mint デスクトップ環境 2017

k0kubun.hatenablog.com

インスパイアです。

そもそもなぜLinuxデスクトップをつかているのか

自作PCでLinuxMintを使っているので環境を揃えたかった。 あとはインスパイア元とほぼ一緒。 環境は自作機PCとMacBookPro(late2013) どちらも英語キーボードを使用

現在のLinuxデスクトップ環境

ディストリビューション: Linux Mint Cinnamon 18.1

UbuntuがUnityを使い始めてからは、Linux Mintに移行しました。 Cinnamonは3Dアクセラレータ推奨ですが、自分の環境では困らない。 MATE(またはUbuntu MATE)と比較すると、好みの問題だと思います。

キーリマッパー:xmodmap+xcape

SandS用に使ってます。

windymelt.hatenablog.com

ターミナル: terminator

F12キーで表示の切り替えができるように、キーの割り当て -> hide_window をF12にしてます。 “~"がでてきて、うまく動かないときは別にGuake Terminalをインストールしておくと治ったりします。

日本語入力: Fcitx+mozc

fcitxの設定->全体の設定(タブ)->拡張オプションの表示☑->

“入力メソッドをオンに" Ralt

“入力メソッドをオフに" Lalt

で, 元karabiner風の切り替えにします。

フォント: デフォルト

ブラウザ:Google Chrome

ツイッター:Google Chrome

パスワードマネージャー: 1Password(iPhone)

これはこれからどうしようか迷い中 とりあえず,よく使うパスワードはGoogleChromeに覚えさせてはいる

音楽プレイヤー: 作業用BGMを検索

最近はアベマTVがつけっぱなしです。。。

MacBookProでのインストール

自作PC(LinuxMint)の"USBイメージライタ"を使って、ダウンロードしたLinux Mintのisoを焼きます。 (MacBookProの)ディスクユーティリティでLinux用のパーテーションを作り電源を切る。 Linux Mintの入ったUSBをMacBookProに挿してoptionキーを押しながら起動させればUSBの"EFI boot"がでてくるので選択してGRUBの画面に進みます、そこでLinux Mintを選択して起動させます。 文字が小さいので Menu->General->Desktop Scaling でDouble(Hi-DPI)を選択します。(これはインストール後にもやります) デスクトップのInstall Linux Mintを選択して、進んでいきます。 Installation type では一番下のSomething elseを選択して、あとはいい感じに進んでください(自己責任で)

このやり方でインストールすると、MacBookProを起動した時はLinux Mintが立ち上がります。macOSを起動させたいときはoptionキーを押しながら起動してHDDを選択します。

起動時に毎回選択したいときにはrEFIndを使うか、GRUBmacOS(/System/Library/CoreServices/boot.efi)を追加する等があるようですがやってません(後者を試したが失敗)。

キーボード

MacBookProのUSキーボードはスペースキーの左右にcommandキーがありますが、自作PCはaltなので後者に合わせます。 menu -> Keyboard -> Options… -> Alt/Win key behavior で Alt is swapped with Win を☑します。 お好みで Ctrl key posotionで Swap Ctrl and Caps Lock を ☑

Function Key

ファンクションキーをデフォルトで使用したいので以下の設定を使う。 AppleKeyboard - Community Help Wiki With .conf file (Recommended)

$ echo options hid_apple fnmode=2 | sudo tee -a /etc/modprobe.d/hid_apple.conf
$ sudo update-initramfs -u -k all
$ sudo reboot

自作PCとMBPではMintの設定言語が違う(日本語と英語)ので記事内ではちょっと混じっちゃいました。

おしまい。